「誰かの期待に答えないといけない」って思ってる人へ

「誰かの期待に答えないといけない」って思ってる人へ

 

こんにちわ!

西野です。

 

 

前回は

「期待」することが

いいことなのか?

悪いことなのか?

 

についてお話しました。

 

昨日の記事の内容はコチラ

「期待する」っていいことなのか?悪いことなのか?

 

 

 

「人に期待しても

結局裏切られるので期待なんかしない方がいい」

ってお話の続き。

 

 

 

ベクトルには

・自分に向いているもの

・相手に向いているもの

 

この2種類があるよ!ってお話

 

 

相手にベクトルを

向ける期待は「信頼」と言えるから

素晴らしいですよね!

 

って昨日の記事には書きました。

 

 

ではでは

ベクトルが

自分に向いてる場合はどうなのか?です。

 

 

結論から先に言うと

これは「依存」だと思ってて

 

 

例えば

結婚相談所の方とよく話をするんですが

女性が求めている男性へのステータスが

・年収

・学歴

・職業

 

当然と言えば、当然なんですけど

 

その理由はなんなのか?

これをずっと考えてました。

 

 

将来に対する安心感。

そして安定。

 

これが理由だと考えていた時期もあります。

ただ、少しだけ見方を変えてみました。

 

 

こういう考えはどうですか?

 

そういうパートナーに対して

自分にないものを埋めようとしている

もしくは

欲している

 

 

自分のなにかしらの不安を

パートナーに埋めてもらおうとしている。

 

 

さらに結婚する

もしくは付き合いだしてからは

 

パートナーに

「自分の理想通りになって欲しい」

より多くの条件を求めてしまうから

 

どんどん

お互いが苦しくなって行ってしまう。

 

 

「自分には価値がない」と思ってしまっていると

 

パートナーの存在によって

自分の価値が高まると

勘違いしている可能性です。

 

 

 

どれだけ優良企業に勤めていても

今は一生安心ってことは無くなりつつあるので。

 

 

親と子供の関係でも

似たようなことがあります。

 

親が子供に対する期待は

自分に向いているのか

相手に向いているのか

 

親として

苦労してきたり

夢を叶えられなかった

 

 

こんな親の場合

「期待」を子供に託します。

 

 

「自分のような苦労はして欲しくない」

「自分の夢を叶えてほしい」

 

こうやって

子供に期待する人は実際に多くて、、、

 

 

こんな状況で

育てられた子供は小さい頃から

 

「親の期待に答えないといけない」

「私はいい子でいないといけない」

 

こんな思い込みが

深く根強く刷り込まれてしまう。

 

 

親や学校の先生から

間違った「期待」をされながら育てられると

 

思い込みとして

深く植えつけられてしまっているので

 

大人になってからも

常に周囲の目を気にして

 

「期待に答えないといけない」

「私はいい子でいないといけない」

 

大人になってから

すごく苦しむことになるんです。

 

 

両親の期待に応えると

褒めてもらえたり可愛がってもらえた

こんな記憶が脳裏に残ってるので

 

 

余計に

「誰かの期待に答えないといけない」

「私はいい子でいないといけない」

 

 

常に他人の目を気にして生きないといけない

ってことなんです。

 

これめちゃくちゃ苦しいです(>_<)

 

 

シータヒーリングでは

「無条件」の愛について

深く学んできました。

 

 

これでは「無条件」じゃなくて

「条件づけ」の愛情ってこと。

 

 

条件づけの愛情の下で育てられた人は

安心・安全を感じづらく

 

 

自分を認めること

自分を受け入れること

ついつい難しく考えてしまいます。

 

 

大人になってからも

ありのままの素直な自分を受け入れることが

簡単にはできないんです。

 

 

「自分は自分らしく生きても安全だ」ってこと

「自分らしく生きても十分に価値がある」ってこと

簡単に受け入れられなかったり

 

自分を受け入れて

認めることができれば

 

周りの目を気にする必要がなくなるので

ストレスや悩みが減ります。

 

ストレスや悩みって

ほとんどが対人関係にあるから。

 

 

そして「期待」をされている方も

苦しみってあるんですよ?

 

 

期待している相手が

思い通りになるとは限りません。

 

こんな時は

無意識でイライラします。

 

イライラする理由は

自分にベクトルが向いているから

 

 

だから相手を怒ってしまったり

喧嘩になったりするんです。

 

 

その結果

お互いが傷つけ合うことになります。

 

 

■□━━━━━━━━━━━━━━□■

イライラすることがありますか?

そんな時は

「自分の何が満たされなくて

相手に何を埋めてもらおうと思ってますか?」

■□━━━━━━━━━━━━━━□■

 

 

 

この答えが明確になると

自分の思考の癖や

相手に何に期待しているのかが

自分ではっきりわかるようになりますよ◎

 

 

 

ベクトルが自分に向いていれば「依存」

 

ベクトルが相手に向いていれば「信頼」です。

 

 

 

相手を「信頼」しているってことは

相手の可能性を信じているので

 

 

 

相手に対してイライラすることもないし

怒りを感じる必要もないんですよ◎

 

 

そして相手も安心して

夢や目標に向かっていくことができる。

 

 

人に「期待」するときには

 

「期待」のベクトルが

どちらに向いているのか

 

ぜひ考えてみてください♪

 

 

貯金したいのに貯まらないなぁ~

貯金ができない理由は
自分にあった適正でなかったこと

自分の適性がわかると貯金も楽々♪
自分の適性を知って楽しく貯金しましょう◎

 

▼ ▼ ▼

【無料】あなたにピッタリの貯金術☆診断

 

 

 

 

◆お金の不安から抜け出せない方におススメ!

 

▼詳細はこちらをクリック▼

【無料】お金の不安がワクワクに変わる9日講座

 

 

自分を変えるカテゴリの最新記事

Scroll Up